太陽光を電気に変える太陽光発電

太陽光発電とは、簡単にいえば太陽のエネルギーを電気に変えてくれるシステムです。
そのしくみはとても簡単で、太陽光モジュールで太陽光を集め、そのエネルギーを電気に変えてくれます。
太陽光モジュールに集められた太陽光ではまず直流電力が生み出されるのです。
直流電力ままでは家庭で使うことはできません。
そのため、パワーコンディショナを使って、太陽光モジュールで作られた直流電力を交流電力に変換します。
これでやっと一般家庭でも電気として利用することができるようになるのです。
家庭内にはさまざまな家電製品があります。
それら家電製品も、太陽光発電で作った電力で利用することができるのです。
普通の太陽光発電システムは電力会社の配電線に繋がっています。
そのため太陽光モジュールが一生懸命電力を生み出している時は、余っている電力を電力会社に送電することができるのです。
電力会社に配電線を使って送電できるため、家庭の太陽光モジュールで発電した電力を電力会社に買取ってもらうことができます。
逆に、曇りや雨の日は、電力会社に配電線に繋がっているので電力会社から電気を買うことができるのです。
発電している時は電力会社に電力を売ることができてお得ですし、発電していない時は電力会社の電気を使うことができるので安心なしくみになっています。
晴れでも雨でも曇りでも、快適に電気を使うことができるのは普通の場合とかわりません。
電力の送電は自動で行われるので何か操作をする必要もないのです。